私たちIGO AMIGOのスタッフは、年に1回スタッフだけの一泊合宿を行っています。  今後のIGO AMIGOのことを話し合う会議を装い、実際は気分をリフレッシュして英気を養う旅行なのであります。  今回のメンバーは9人。一同は新宿駅新南口の「バスタ新宿」に、10月14日(土)の朝9時に集合しました。そして高速バスで、富士山のすぐ近くの河口湖駅(山梨県・富士河口湖町)へ移動します。約2時間で河口湖駅に到着しました。雨でもありましたが、現地は結構寒い。それもそのはず、この駅自体がもう標高857mもあります。 (写真A)河口湖駅。  河口湖駅からタクシーで、宿泊するコテージへ移動して荷物を置き、1日目のメインイベントである富士樹海・風穴探検へ行きます。  今回私たちは、「ホールアース自然学校」様にお世話になって、この富士樹海・風穴探検を体験しました。12時半にスタッフの方が車に迎えに来て下さいまして、そこから富士山の側火山の一つである大室山(おおむろやま)のふもとに移動しました。 (写真B)装備品を受け取る一行。 大室山は、青木ヶ原樹海の南側に位置しています。スタッフの方が教えて下さったのですが、千円紙幣の裏面の逆さ富士の図柄の、富士山のふもとに書き込まれている山が、この大室山ということです。   (写真C)この入口からいよいよ樹海に入っていきます。  樹海とは言い得て妙。森という海に沈んでいく気がします。溶岩が固まってできた岩でつまずいたり、ぬかるみに足をとられたりしながら、樹海を進んで行きました。 (写真D)樹海を進む一行。  20分ほど歩くと、ようやく風穴の入口に到着しました。 (写真E)風穴入口の前で記念撮影。  風穴とは、要するに洞窟のことです。富士の風穴というと、漫画「聖闘士星矢」の中で、主人公たちが暗黒聖闘士と激闘を繰り広げた場所であり、筆者としてはテンションがかなり上がっていました。  樹海から、風穴の入口へと下っていく中で、まず気温が非常に下がったことを感じました。恐らく10℃前後ではないでしょうか。勿論風穴内はもっと寒いです。  風穴内は真っ暗闇。ヘッドライトの灯りが頼りです。風穴は、やはり溶岩が固まってできた岩でできています。天井からは水がしたたりおちてきます。地面の水が凍ってすべりそうになったり、天井が低くて頭をぶつけそうになったりしながら、先へと進んでいきました。 (写真F)氷が張っています。  風穴の最深部は、地面が一面氷に覆われていました。そこは一年中気温が低く、氷が融けない場所とのことでした。 (写真G)最深部で記念撮影。  最深部からゆっくりと引き返し、地上へと戻ったとき、外の明るさを心から実感しました。  風穴を出て樹海を散策し、一行はコテージに戻ってきました。  いよいよ夕食。夕食は楽しいバーベキューです。肉を食べつつ、真面目な会議も(少々)行います。 (写真H)バーベキュー  そして、バーベキューを終え、コテージで夜が始まりました。次第に酩酊しつつ、話に花を咲かせます。  長い長い夜を過ごしました……。 (2日目に続く)

見出し1と見出し2は使用禁止

見出し3

見出し4

見出し5
見出し6

フォントカラー

red。月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也
pink。月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也
purple。月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也
deep-purple。月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也
indigo。月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也
blue。月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也
light-blue。月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也
cyan。月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也
teal。月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也
green。月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也
light-green。月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也
lime。月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也
yellow。月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也
amber。月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也
orange。月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也
deep-orange。月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也
brown。月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也
grey。月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也
blue-grey。月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也


text-success。月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也
text-info。月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也
text-warning。月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也
text-danger。月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也
text-gray-dark。月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也


secondary-text。月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也

テキストの装飾

左揃え

中央揃え

右揃え

font-italicでななめ

bタグで太字

font-weight-boldでも太字になるよ

leadで太く大きく

markタグで強調
strongタグで強調

アイコン

対応しているアイコンはこれだけ。
fontawesomeアイコン
materialdesignアイコン
icomoonアイコン

   fontawesomeアイコンは fa fa-XXX ってなる。
   その他二つのアイコンは icon-XXX ってなる。

大きさも変えられる
fa-lg
fa-2x
fa-3x
fa-4x
fa-5x

fa-fwでアイコンの横幅をそろえる
Home
Library
Applications
Settings

リスト

  • リスト1
  • リスト2
  • リスト3
    1. リスト4-1
    2. リスト4-2
  • リスト5

クラスを付ければ、リストっぽくなります。discだけクラスあり。他はstyleで変えてね

  • リスト1
  • リスト2
  • リスト3
    1. リスト4-1
    2. リスト4-2
  • リスト5

アコーディオン

コース内容1。最初から開いている設定

カルーセル

アラート

棋譜

data-wgoの中に、sgfの中身をコピペすればOK

Sorry, your browser doesn't support WGo.js.

テーブル(シンプルなやつだけ)

# First Name Last Name Username
1 Mark Otto @mdo
2 Jacob Thornton @fat
3 Larry the Bird @twitter

Blockquotes

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Integer posuere erat a ante.

Someone famous in Source Title

ここで紹介するのはほんの一部です。詳細はここを見てください。
Bootstrap v4.0.0-alpha.6
Material Design for Bootstrap