● ルール4 ○
打てないところ(着手禁止点)とその例外

◆打てないところ(着手禁止点)
 囲碁では、下の図のAのように、白から打っても道が1つもないところには打つことができません。白にとってのAのような場所を「着手禁止点」といい、ルール上、打つことができない場所になっています。

◆着手禁止点の例外
 着手禁止点にも1つだけ例外があります。石を取れるときだけは、着手禁止点にも打つことができるのです。下の図のBに打つと白△が取れるので、打つことができます。

<前回

● ルール3 ○

石は囲うと取れる