著名人のメッセージ

No.3 : 衆議院議員 小沢 一郎さん

囲碁に興味をもったきっかけ

父が碁を打っているのを見て興味を持ちました。よくルールがわからないまま棋譜を並べたこともありました。

ルールがわかるようになったのは、国会にいくようになってからでしたねぇ。当時は国会にも碁盤が一面おいてあって、10分20分で一局打っていました。ただ一面しかないので、他の人が打っていたら観戦に回るというところです。

またその頃、「天狗」という国会議員の囲碁の会があり、時々行っていました。プロに打ってもらったのはそこに来ていた藤沢秀行名誉棋聖が初めてです。7子(※1)くらいの手合いだったと思います。

囲碁の魅力や面白さ

大局(※2)を見て打つところでしょうか。よく記者にもそういうんですよ(笑)

  • ※1:7子 = アマ初段くらいの棋力です。
  • ※2:大局 = 「盤全体」全体を見渡して着手を決めるべしということ。