あけましておめでとうございますには、遅過ぎですね。
スタッフの金田です。

みなさん、平成最後の年スタートどうでしょうか。
今年こそ、囲碁初段、体重を60キロきるぞと、思いながら1カ月。
変わらない棋力、体重、、、
まだ今年始まったばかりだから(汗

今回は我が家のお出かけスポットの鉄板、船橋アンデルセン公園を紹介します。
去年の6月に初めて行ってから、月1回くらいのペースで行っています。

「ふなばしアンデルセン公園」は船橋市にある総合公園で、デンマークをイメージしたテーマパークで、年間来場者数約90万人と凄い公園です。東京ドーム約8個分の広大な園内は、特色ある5つのゾーンから構成されています。緑豊かな憩いの場として、船橋市民はもちろん他県からも多くの人が訪れるテーマパークです。船橋市と姉妹都市であるデンマークのオーデンセ市が、童話作家「ハンス・クリスチャン・アンデルセン」の出身地であることから、「アンデルセン公園」と名づけられたそうです。

まずは、このムンクの仲間みたいな像(岡本太郎作 平和を呼ぶ)がお出迎え。
ここで写真を撮っていると初めての来場者だなと、感じですね。
いつも、ここで家族、カップルが写真を撮るの眺めながら歩いています。
メルヘンの丘ゾーンにある風車もデンマーク職人が作った、まさにデンマーク色!!
他にも、農家、童話館と紹介しきれないくらい見所がありますよ。

うちの子供は花の城ゾーンに行く際には、みにくいアヒルの子をイメージした池に引き寄せられ必ず立ち寄りますね。
水が好きなのか、白鳥が好きなのか。
花の城ゾーンのキッズガーデンについてからの子どものはしゃぎっぷり。
相手をして写真がとる暇がないくらいです。

そして閉園時間に帰りたくないと泣きまくられ、、、

子供と行けば1日遊べるいいスポットですよ。
春夏秋冬の花、アスレチック、BBQも出きるし、 子どもだけでなく、大人も楽しめますので、遊びに来てください。

今回の写真は微妙に私写ってますので、良かったらみつけてみてください。

20180201_hunabashiPark_2
20180201_hunabashiPark_3